PCのHDD暗号化による情報漏洩対策 本文へジャンプ
セキュアドックが選ばれる理由


1. パフォーマンスが高い
・ 競合製品と比較したところ初回暗号、暗号化後のPCのパフォーマンスが最も高かった。

2. 使いやすい
・ ファイル暗号やドライブ暗号製品と比較したところ、ユーザの操作が必要なく、暗号化できない領域もないので使い安いと判断した。
・ 休止モードをサポートしているので、パソコンの利便性を損なわないと判断した。
・ 暗号化を途中で停止しても、途中から再開できる。

3. 運用しやすい
・ 運用の際、拠点ごとに異なる環境に順応できるソリューションが必要だった。ネットワークを利用した運用と、ネットワークを利用しない運用が併用できるのはSecureDocだけだったので、SecureDocを選定した。
・ ユーザデータや鍵データが、クライアントから自動的に収集される機能に魅力を感じた。

4. トークンサポート
・ ICカードでPC起動、PC使用を制御したかった。Windowsログイン制御だけでは、モバイルPCのセキュリティにはならないと考えていた。
・ 既に導入していたUSBトークンに対応していた。

5. 製品体系が分かりやすい
・ オプション機能などがなく、全ての機能がクライアントに含まれているので分かりやすかった。



<日本国内の主な導入実績>
【金融】
  ・ A証券:600ライセンス
  ・ B証券:50ライセンス
  ・ C保険:850ライセンス
  ・ D保険:750ライセンス
【商社】
  ・ A社:5000ライセンス*
  ・ B社:500ライセンス
【小売】
  ・ A社:7000ライセンス
  ・ B社:100ライセンス
【人材派遣】
  ・ A社:130ライセンス
【法人】
  ・ A弁護士法人:170ライセンス
【医療】
 ・ A社:3000ライセンス
 ・ B社:550ライセンス
【製造】
 ・ A社:450ライセンス
 ・ B社:400ライセンス
【通信】
  ・ A社:350ライセンス
  ・ B社:150ライセンス
【システムインテグレータ】
  ・ A社:450ライセンス
  ・ B社:150ライセンス
  ・ C社:1800ライセンス
【その他】
  ・ A社:約15000ライセンス

<海外ユーザの声>
「いくつかの製品を評価しましたが、SecureDocのパフォーマンス、使いやすさ、セキュリティの高さは圧倒的でした。また、集中管理の運用方法も大きな優位点でした。」
~ Michael Scott, Manager, Network Infrastructure and Security, Witness Systems, Inc.(米国) ~

「弊社は、自社で販売するモバイルユーザー向けのVPN機器“Thales Trusted VPN”との組合せ販売の製品として、慎重にHDD暗号化製品の検証を実施しました。国際的なセキュリティスタンダードへの準拠、機能、ユーザーの使い勝手、価格など、組合せに必要な要件を厳しくテストした結果、WinMagic社のSecureDocの採用を決定しました。弊社は現在、モバイルユーザーやSOHOユーザーに、より完全なセュリティソリューションの提供が可能となりました。」
~ Nils Klippenberg, Director e-Security, THALES Communication(ノルウェイ) ~

「SecureDocのセクターレベルでの暗号化技術は大変すばらしい。一番下位の階層で読み込み書き込みのリスエストすべてに対応するためHDD全体の暗号化が可能となり、セクター単位でも暗号化の漏れがありません。強力で信頼性の高い暗号化アルゴリズムでSecureDocはわかりやすい製品デザインに仕上がっています。」
~ Bruce Schneier, world renowned cryptographer, author of “Applied Cryptography”, CTO of Counterpane Internet Security, Inc(米国) ~