PCのHDD暗号化による情報漏洩対策 本文へジャンプ
製品の機能
クライアントPC上のデータをディスクごと暗号化し、情報を保護します。


■ハードディスクの暗号化
PCのハードディスクをOSごと自動的に暗号化することにより、第三者による情報データの漏えいを防ぎます。ハードディスクが抜き取られても、他のPCから認識する事はできません。
暗号化・復号化の処理は、ハードディスクアクセスの都度、自動的に行いますので、ユーザーは操作を意識する必要がありません。

■BIOSレベルの認証とハードウェアトークンによる認証強化
Windows起動前に認証(BIOSレベルの認証)を要求することで、PCの不正使用防止が可能です。また、 USBトークン、ICカード内の鍵を利用してPC起動時の認証強化が可能です。

■ファイル/フォルダ単位の暗号化とアクセスコントロール
共有ファイルやPC外部に保管するデータを暗号化することが可能です。個人鍵/グループ鍵により暗号化することで、特定ユーザのみ復号可能とすることができます。

■外部媒体の使用制限と暗号化
リムーバブルメディアの丸ごと暗号化と使用制限を行うことが可能です。但し、CD-Rなどのライティングソフトを利用する媒体は対象外です。

■セキュアドックEnterprise Server によるクライアント管理

ユーザ情報集中管理
ユーザの作成、SecureDoc(クライアント)上での権限を決定できます。  管理要件により、集中管理・分散管理の構成をとることが可能です。

KeyFileの発行、管理
EnterpriseServerにより、暗号化の鍵(KeyFile)の発行管理を行います。
クライアントユーザの権限に応じた、共有鍵の割当てが可能です。

ユーザがトークンやパスワードを忘れた場合の運用性
管理機能により、チャレンジ&レスポンスによるパスワードリカバリを行います。
Key Fileを再発行することができます。

通信環境に応じた運用性(PCとの日常的な通信は不要)
社内PCやモバイルPCなど、クライアントPCとの通信の有無に応じた運用が可能です。